購入のポイント

パソコンCAD業界でエフェクトスタンダードとして利用されているオートディスク社製のAutoCADシリーズのDWGですが、互換性をもつDWG互換CADのソフトウェアが販売されています。数あるDWG互換CADから選んで購入する際に値段以外にはどのようなポイントがあるのでしょう。

互換性の高さは重要です。互換性が低いとプログラムの修正作業など、互換性が高ければ行う必要のない作業が生じてしまいます。結果的に作業の効率が悪くなり、仕事の相手先などに迷惑をかける事にもなりかねません。

動作環境を満たしているかはもちろん大切ですが、操作性やコマンドはどうなっているか、カスタマイズ機能など、実際に画面を見ながら自分で作業してみないと使い勝手の良し悪しがわからない部分も多いです。その解決方法として無料体験の利用があります。各会社で期間が設けられていて、その期間のみ無料でDWG互換CADが使用できます。

値段もよく確認しましょう。ライセンスが関わるスタンドアロン版やネットワーク版、USB版、年間契約か永久ライセンスかなど、さまざまな条件で変わってきます。

何かあった場合のサポート体制も大切です。確認事項は多いですが購入後に後悔しないためにも事前にしっかり確認をして、自分にとって最も作業を効率化できるDWG互換CADを購入しましょう。

互換性の大切さ

ブルーの背景オートディスク社製のDWGをネイティブサポートされていない機器で実行するためには、互換性のあるソフトウェアが必須です。そもそも互換性とはどういったことで、互換性があるとないとではどのような違いがあるのでしょう。

ITやデジタル用語における互換性とは、あるデータをコンピューターのプログラムを変更しなくても他のコンピューターでも支障なく使えることです。互換性があるとプログラムの変更などシステムを新しく用意する必要がありません。そのため経費削減につながったり、新しい製品への買い替えが行いやすくなったりといったメリットがあります。

例えば古いパソコンに入った旧バージョンのアプリケーションで作図した設計図を、アップデートされた新バージョンのアプリケーションが入った新しいパソコンで読み込もうとしたら実行できなかった、という場合、下位互換性がない、と言います。反対に、新バージョンにアップデートされたアプリケーションで、旧バージョンで作図した設計図のプログラムを変更することなく読み込んだりプログラムが実行できたりすることを、上位互換性がある、と言います。

互換性が高いDWG互換CADはプログラムの修正作業などを省き、作業の効率化や生産性の向上へとつながります。DWG互換CADを購入する際には互換性の高さを確認しましょう。

DWG互換CADとは

CADの業界ではオートディスク社製のAutoCADが事実上の標準となっています。オートディスク社が作ったDWGは非公開の仕様となっており、特別なプログラムを追加することなく対応しているのはオートディスク社製とライセンス製品のみで高額です。そのため、ネイティブサポートされていない機器でもDWGの読み書きを実行するための互換CADのソフトウェアが開発され、比較的安く販売されています。数あるDWG互換CADを購入するときの注意点などはどんなことでしょう。

キーボード互換性とは異なるシステムの間で、仕様の変更をすることなくソフトウェアやハードウェアが転用できることです。また、異なるOSの間でも、仕様変更することなく同じプログラムやソースを受け入れて動作させたり、同じマシン語のプログラムを実行できたりすることもあります。互換性の高さは作業効率をあげるために重要です。また、コストカットも役立ちます。

DWG互換CAD購入時には多くの確認事項があります。互換性の高さや操作性、動作環境やコマンドなど作業に欠かせないことばかりです。金額もライセンスなどの関係で幅があります。DWG互換CAD販売各社で一定期間のみ無料のお試し期間を設けていることもあります。実際に利用して、使い勝手を確認することができます。

日本でも多くの優秀なDWG互換CADが開発され販売されています。このサイトでは、互換性の大切さからDWG互換CADの購入のポイントまで説明します。